Amazonプライムビデオ徹底分析

SnapCrab_NoName_2015-11-4_14-27-10_No-00_R

Amazonプライムビデオの概要

AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員になるとおまけのような形で付随してくるサービスです。

Amazonプライム会員の特典

  • 無料の配送特典
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • 家族と一緒に使い放題
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • プライム・ビデオ
  • プライム・ミュージック
  • Kindleオーナー ライブラリーの利用

これだけの特典が付いてくるのがAmazonプライムです。正直安すぎるというのが率直な感想です。

SnapCrab_NoName_2015-11-4_15-35-3_No-00
例えば特別取扱商品の取扱手数料が無料というのはこの取扱手数料が無料になるという事です。ここまで高額な商品を購入しなくても、生活用品の水やお茶を毎月購入しているという人にとってはこの取扱手数料が無料になるだけでも元が取れます。

他にもお急ぎ便が無料になったりとかなりの特典があるのでAmazonを頻繁に利用している人なら加入して損をするという事は無いでしょう。

Amazonプライムのおすすめポイント

  • 業界最安値(年3900円=月325円)
  • Amazonプライムはカスタマーレビュー数が圧倒的に多い
  • Amazon Fire TVと4Kテレビの組み合わせなら4K対応
  • Amazonの商品力を活かしてコンテンツが無かったらレンタル⇒それでも無かった場合はDVD&BDの購入という流れがスムーズ

Amazonプライムビデオは業界最安値

ビデオオンデマンドサービスの中でもdtvは月額500円という破格のサービスですが、Amazonプライムビデオは月額に計算しなおすと月額325円になります。色々な特典が付いてくるので実質はもっと安いかもしれません。

カスタマーレビュー数が圧倒的に多い

SnapCrab_NoName_2015-11-4_15-54-35_No-00
とにかくカスタマーレビュー数が多いのでどんな作品か気になったらすぐに確認できるのがAmazonの良い所です。特に映画などの単発作品に関しては数が多いのでレビューは非常に参考になります。これは他のオンデマンドサービスには無いAmazonの強みだと思います。

4K対応

Amazon Fire TVにしか対応していませんが、4Kテレビと組み合わせると4K配信されたコンテンツが楽しめます。Amazon Fire TVはNetflixにも対応しているのでそちらでも4Kコンテンツを楽しむ事が出来ます。

Amazonプライムに加入して思った事

動画配信サービス単体で見るとChromecastに対応していなかったり細かい所の部分で不満点があったり、他の動画配信サービスと比較するとコンテンツ数が少ないというような印象は拭えません。Huluなら海外ドラマは日本テレビと連携で国内のテレビに強くdtvも全般的にコンテンツが充実しており、U-NEXTは最新作に強いという唯一無二の存在感を放ちますが、そういう所と比べるのは料金やサービスの内容から考えると無理な話かもしれません。

なのであくまでもAmazonプライムにメリットを見いだせる方がおまけで動画や音楽を手軽に楽しめるという所がメリットになります。

Amazonプライムを利用していて動画は絶対見ないという頑固な人はいないと思うのでAmazonプライム会員としてお急ぎ便が無料になったりする事に価値を感じれる人や元が取れる人が利用するサービスだと考えると良いかと思います。

例えば管理人の例だと、Amazonでは毎月1万円以上は使いますが、今までカートの中に貯めておいて出来るだけお急ぎ便を使わないようにしたり配送料を取られないように工夫していたのですが、プライム会員になってからはカートに入れて1つだけの買い物等をよくするようになりました。

お急ぎ便も無料なので基本的に常に利用しています。特別手数料が無料なので今までスーパーなどで2Lのお茶を購入していましたが、重いのでAmazonで購入するようになりました。これも本来は特別手数料で別途350円程度かかりますが、プライム会員なら無料です。

こういうようにプライム会員として元が取れる人なら加入しない方がむしろ損と言っていいレベルです。

関連記事

特集

regagjaij_R
U-NEXTbanar