【海外ドラマ】ARROWシーズン4を見た感想・ネタバレ

arrow4

ARROWシーズン4を全話視聴しました。

前作までのあらすじ

シーズン3ではリーグ・オブ・アサシンがメインに描かれていました。リーグ・オブ・アサシンの首領のラーズ・アル・グールが生物兵器(ウイルス)で街を壊滅させそうになるのを阻止し、ラーズ・アル・グールが死んだ事により次期のラーズ・アル・グールがオリバーでしたが、シーズン1の敵役のマルコムが引き継ぐことに。

その後オリバーはアローとの二重生活から離れてフェリシティとの人生を送るという所でシーズン3は終了しました。

【海外ドラマ】ARROWシーズン3を見た感想・ネタバレ

シーズン4のネタバレ

今回の敵はダミアン・ダーク

フェリシティと二人で幸せな生活を送っていたオリバーでしたが、仲間達のSOSにスターシティーのカムバックしました。ダミアン・ダークはH.I.V.E.という組織に属しており、その指揮する部下は薬の効果でダミアン・ダークの完全支配を受けている(その部隊はゴースと呼ばれている)という状態で口を割らない連中です。

オリバーはグリーン・アローと名を変えて闇と戦うには光しかないとの事でスター・シティで不在だった市長に立候補します。

表の顔の市長候補のオリバーがダミアン・ダークと敵対しますが、フェリシティやジョン、テアなどがダミアン・ダークに人質に取られて殺されそうになります。脅迫の末に市長候補を辞退し、同じく市長候補だったダミアン・ダークの妻が市長になります。

ダミアン・ダークの目的は街どころか世界を破滅させる事です。その為に核で世界を破壊しようとします。

過去回

今回の過去回にはコンスタンティンが出てきます。映画でキアヌ・リーブルが演じた、黒魔術を操り、オカルトに精通した悪魔祓い師です。後に現在にも登場しますが、過去回でのオリバーを助けてくれます。過去回では島に眠るダミアン・ダークが使う魔術の源のような人の顔のような形をした物を使う男を阻止します。

オリバーとフェリシティ

オリバーの子供のウィリアムの存在が露見して、フェリシティにその事を隠していたフェリシティがオリバーの事を信じられなくなり、破局します。

蘇り、そして別れ

サラ

シーズン序盤でテアがラザラス・ピット(蘇生の力がある泉)の影響で闇落ちしていき他者を殺さないと死んでしまうという状況に陥りますが、その際にローレルがラザラス・ピットにサラを入れて復活させようとします。

サラをラザラス・ピットに入れてサラが生き返りますが、サラの魂は無く、完全に闇落ちしています。

それをコンスタンティンが魂を取り戻してくれたのでサラは完全に生き返りますが、街を離れる事にします。

レイ

レイ・パーマーも実は生きています。実験の失敗でビルごと吹っ飛んだレイでしたが、超小型人間になってダミアン・ダークに捕まっていました。

レイも救出しますが、レイは自分のやるべき事を探すために自分探しをしています。

アンディ

ディグルの兄妹のアンディも生きていましたが、ダミアン・ダークの手下になっていました。シーズン終盤で裏切りジョンの手によって殺されます。

ローレル

シーズン4で最もショッキングだったのがローレルの死です。ダミアン・ダークの手によって殺されてしまいます。

ラスト

ダミアン・ダークは核による世界崩壊される事をジェネシスと呼んでいましたが、ノアの箱船的な存在の自分たちが核を逃れる施設を作っていました。そこにアナーキーというヴィランが潜入し元はダミアン・ダークの手下でしたが、ダミアン・ダークに捨てられた事で復讐心で敵対しています。

そのアナーキーがダミアン・ダークの妻を殺します。その事でセーフハウスはもう無いのに核で世界を破滅させようとしますが、アローがダミアン・ダークと敵対し、市民も表のオリバーの演説のおかげて希望を失わずに立ち向かいます。

そのお陰で闇の力の発動が抑えられてダミアン・ダークを倒します。最後にアローはダミアン・ダークを殺します。

オリバーはスター・シティの市長になります。

ジョンは弟のアンディの裏切りのせいでローレルが死んだ事に罪悪感を感じており一時離脱します。テアも自分の闇と戦っており一時離脱します。残ったチームアローは2人です。

トレーラー

ARROWシーズン4はU-NEXTで配信中

見放題コンテンツではARROWシーズン4は無かったのでU-NEXTの無料で貰えるポイント使ったりして視聴しました。画質も綺麗なのでおすすめです。