衛星放送サービスとビデオ・オンデマンドの違い

衛星放送サービス

テレビのアンテナ工事などをして家にBSが映るという人は衛星放送サービスはかなりお手軽に契約出来るようになります。

ただ、NHKの衛星受信料金がアンテナを設置しているので一目瞭然でNHKの契約社員等が家に訪問して契約を迫られるというのはあるとは思います。

ビデオ・オン・デマンド

オンデマンドとは英語で要求に応じてという意味ですが、見たい映画・ドラマ・アニメなどのコンテンツを自分で選択して見れるという特徴があります。

分かりやすく言うとYouTubeなどの動画投稿サイトをイメージすると分かりやすいですね。

沢山並んでいるコンテンツからクリックして番組を見るという感じです。

それの事業者が配信しているのがオンデマンドで月額〇〇円で映画・ドラマ・アニメが見放題のサービスやPPV(ペーパービュー)とった個別に有料コンテンツに課金するシステムを採用しています。

ざっくり分かりやすく言うと

衛生放送の場合にはNHK受信料金は2か月(衛星放送+地上波)で4,680円+スカパーやwowowなどの料金がかかるという感じです。

オンデマンドの方はインターネット回線の月額費用(4000~5000円程度)と、個別のオンデマンドサービスの料金がかかるという感じです。

ライフスタイルによっては衛星放送の場合には既にNHKと契約していて家族で楽しんでいるという方はwowowなどに契約するのがスムーズかと思います。

逆に独身でひとり暮らしをしている方なんかは最近ではテレビを見ない、そもそももっていないという人もいるのでオンデマンドサービスの方が適しているかもしれません。

wowowなどはオンデマンドサービスをやっていたりするので単純な図式という感じにはなりませんが、ざっくり言うとこんな感じです。