動画オンデマンドサービスの特徴まとめ

動画オンデマンドはお家で動画コンテンツを快適に見る事ができるという特徴があります。コンビニでおにぎりを買いに行く方が手間を考えると大変だなと感じるくらい本当に簡単にドラマや映画を見る事が出来るサービスが動画オンデマンドの特徴です。

クレジットカードやスマホの引き落とし等で登録すればすぐにでもドラマや映画を手軽に見る事が出来て、なおかつ定額または個別課金なのでレンタルDVDのように返却し忘れて延滞金が請求されるという事が無いのでとても安心して見る事が出来ます。

  • 月額料金は500円~2000円で見放題(新作などは個別課金もあり)
  • 多彩なデバイスで見る事が可能(TV/PC/タブレット/スマホ)
  • 地上波のテレビや衛星放送とは違って自分の好きな時に見る事が可能
  • 無料お試し期間がある
  • すぐに契約する事も解約する事も出来る
  • レンタルDVDのような延滞金が無い

hulu

日本での登録ユーザー数も100万人を突破するなど、オンデマンドサービスの中ではトップクラスの知名度で、CMでもよく見かけますね。huluは視聴デバイスが圧倒的に多く、ジャンル的には海外ドラマに強く、ほとんどがHD画質で視聴出来て、月額たったの933円(税別)で見放題というシンプルな料金体系が特徴的です。なので、最もおすすめな定額動画配信サービスだと言えます。

料金 コンテンツ数 画質
月額933円(税別) 15000本 HD対応
機能 視聴デバイス 支払い方法
字幕オン・オフ ゲーム機・スマホ・PCなど クレカ・デビット・PayPal

U-NEXT

U-NEXT

契約者数100万人突破!月額1990円(税別)で1000円分のポイントが毎月付いてくるというシステムで1000ポイントあれば2~3本新作映画が見れるので実質1000円のような見放題システムが特徴的です。アダルトコンテンツもありますが、家族で見る場合にはブロックする機能があります。さらにファミリーアカウントや家族間で同時に視聴するという事も可能です。これは他にはないU-NEXTの強みです。

料金 コンテンツ数 画質
月額1990円(税別) 120000万本(PPV含む) フルHD対応
機能 視聴デバイス 支払い方法
ファミリーアカウント、ダウンロード対応、雑誌見放題 テレビ・PC・スマホ・PSvitaなど クレカ・デビット・U-NEXTカード

dtv

日本での登録ユーザーは500万人に迫る勢いのあるdtvは国内最大の会員数を誇ります。dtvはオリジナルコンテンツのBeeTVと月額500円(税別)で見放題というのが特徴です。ただ、huluと比較するとPPV(個別課金)を採用していたり、クレジットカードがドコモユーザー以外は必須だっり、視聴デバイスが限られたり、HDに対応していない作品も多いので、そこを分かった上で価格にこだわる人にはおすすめです。

料金 コンテンツ数 画質
月額500円(税別) 120000本(カラオケコンテンツ・PPV含む) HD対応
機能 視聴デバイス 支払い方法
ダウンロード対応 PC・スマホなど クレカ・デビット

おすすめコンテンツ