Amazonプライムミュージックについて

img_2421_r

Amazonプライムの特典に音楽も追加されて最近になってこのAmazonPrimeMusicを頻繁に使うようになりました。音楽定額サービスはこのAmazonの他にも「AppleMusic」「Google Play Music」「LINEMUSIC」「AWA」など他にも沢山あるのですが、Amazonプライムミュージックは単品じゃないという特徴があります。

Amazonプライムミュージックは、あくまでもプライム会員の特典的な感じで映画やドラマなどのビデオサービスやAmazonの配送が無料になったりといった特典の中の1つです。

なので最初の方は大した事無いだろうと思ってAppleMusicの3ヶ月の無料期間等を使って音楽的額サービスに加入していましたが、期限が切れて正直そこまで毎日音楽を聴くというよりか、仕事する時のBGM的な感じで流している使い方がメインなのでわざわざ1,000円払うのもどうなのかな?という感じで3ヶ月くらい使った時に思ったのが正直な感想です。

全ての曲がある訳でも無いので、やっぱり最新の欲しい曲だと購入するなりする必要があるので、だったらYouTubeで「集中出来る曲」とか検索してBGM集を聞いた方が手っ取り早いし環境を選ばないと思いました。

Amazonプライムミュージックは実質タダみたいなもの

だったのですが、Amazonプライム会員はAmazonを頻繁に使う人にとっては必須のサービスです。毎月何かしらの商品を購入している筆者からするとAmazonプライム会員にならない事は考えられません。

例えばですが、ウーロン茶が大好きなのでいつもAmazonでウーロン茶を購入するようになってから月に1回~2ヶ月に1回は確実に注文していますが、Amazonプライム会員なら「お急ぎ便」が無料で利用出来る事に加えてお茶なら普通は重いので別途料金が取られると思いますが、これまた無料になります。

他にも水や犬を飼っているので病院指定のちょっと高いペットフードを獣医師に指定されているのでそれをAmazonでも購入したりといった、欲しい商品ももちろんですが、生活必需品をAmazonで購入するような方にとってはAmazonプライム会員は必須のインフラになっています。

となるとAmazonプライムミュージックは感覚的には無料で利用できるYouTubeと遜色無い感覚で使える事になります。YouTubeだと広告が表示されますが、プライムミュージックなら出ないというのも嬉しい所です。

音楽定額制のメリットは知らない音楽に出会える事

音楽定額制のサービスではほとんどどこもプレイリストが用意されており、それを聴く事が可能です。

screenshot_2016-11-08-14-20-01_r

例えば「長時間ドライブの眠気を飛ばすJ-POP」や「晴れた朝に聞きたい洋楽」など様々なシチュエーションで使えそうなプレイリストが用意されているので気分や好みに合わせて選択する事が可能です。

これによって初めて知ったという楽曲と出会えるチャンスが広がります。特に年齢が上がるにつれて新しい音楽を見つけるのも一苦労なので積極的に活用して新しい音楽との出会いも大切にしていきたいですね。

まとめ

まとめるとAmazonプライムの加入者なら一度使ってみる事をおすすめします。Amazonで買い物をしないという方は他の定額サービスの方がいいかもしれませんが、年3,900円程度なので月額に換算すると300円とちょっとくらいの爆安なので加入してみるのもいいかもしれません。

iOSでもAndroidでもPCでもアプリがそれぞれ用意されているので自宅でも外出先でも音楽を楽しめますよ!

特集

regagjaij_R
U-NEXTbanar