【海外ドラマ】ベター・コール・ソウル シーズン1を観た感想・レビュー

スクリーンショット_061516_033838_PM

「ベター・コール・ソウル」は、「ブレイキング・バッド」のスピンオフのソウル・グッドマンを主人公にした海外ドラマです。なので基本的には「ブレイキング・バッド」を視聴する事をおすすめします。時系列的にはブレイキング・バッドの6年前のお話しになるのですが、ブレイキング・バッドに登場したキャラクターが複数登場するのでより楽しめます。

ネタバレ

1話~3話

ソウルはお金が無く貧乏の弁護士で、ロースクール出身の弁護士では無く、通信教育で取得した弁護士資格を所持しているという設定です。ソウルは過去に詐欺をしていたという過去を持っています。

第一話ではケトルマン一家という横領で150万ドルを隠し持っているという依頼人と話すも、古巣の弁護士事務所HHMという兄のチャックがパートナーの弁護士事務所に案件を持って行かれてしまいます。

ソウルは車を運転している際にスケボー青年達にぶつかり、お金をふんだくられそうになりますが、結局詐欺だという事を見抜きその場は終わりのですが、その事で一計を案じてソウルはケトルマンの載っている車にそのスケボー青年達を仕掛けて弁護を引き受けようと画策します。

結果、車はひき逃げのように立ち去ってしまい、スケボー青年達はソウルの静止を無視して追いかけ自宅までやってくると乗っていたのはおばあちゃんでした。そのまま家に乗り込むとトゥコがいて、ソウルもその家に乗り込んでトゥコに捕まってしまいます。

砂漠に連れられ、絶体絶命のピンチですが、トゥコの仲間のナチョが弁護士は殺すのはやめた方がいいと言いソウルは開放されるが、スケボー青年達は殺されてしまう雰囲気になりますが、ソウルがトゥコを説得して足の骨を折るという事で何とか命は助かります。

それから月日が経ち、ソウルは仕事に明け暮れていると、ナチョからケトルマンの金の話しになり、提案を受けるがソウルは断る。

それからソウルはケトルマン一家に匿名で警告する。ケトルマン一家は誘拐されたかのように家を荒らされた状況で警察沙汰になる。

ナチョが犯人として疑われて逮捕される。ナチョはケトルマンの話しをソウルにしたら捕まったという事でソウルに大激怒。実際にソウルが警告したのが原因なのだが、何とかしないとソウルはナチョの仲間に殺されると脅される。

駐車場係として働いているマイクにケトルマンは自宅の周りにいるというアドバイスを受けて、自宅から少し離れた森の中でキャンプしているケトルマン一家を見つけ、バッグの取り合いになるとその中には大量のお金が入っていた。

4話~

ソウルはケトルマンから口止め料として金をもらい、ナチョは釈放される。ソウルがHMMのロゴを丸パクリの看板を立てると、すぐにHMMの弁護士ハリソンから訴えられる。

看板の撤去作業中の作業員をソウルが救出するという自作自演の救出劇がメディアで宣伝される。

仕事が舞い込むが、自分の独立州を作りたいから協力してくれという依頼や(お金は独立州のお金w)セクシャルなトイレを子供用のおもちゃとして売りたいなどの変な依頼人など。

ソウルは兄のチャックに新聞の救出劇を見せたくない為に新聞を隠す。しかし、チャックは隣の家の新聞を盗んで、お金は置いたものの、近隣住民から通報されてしまう。

チャックは電気機器がダメで外に出る事が出来ない精神的な疾患を患っており、本人は精神的な事では無く肉体に変化があると主張している。

新聞を盗んだという事でチャックの家に警官が来訪し、突入されチャックは病院へ運ばれる。その後ソウルがチャックの病気は精神的なものだと理解する。

マイクが刑事に事情聴取を受ける。警官殺しの疑いがかかっている。ソウルがマイクに依頼され弁護を引き受けマイクとソウルの企みで刑事の胸ポケットにあるメモを盗む。

マイクは刑事で、息子も刑事だったが、暗黙の了解のルールを破りそうな疑いを息子にかけられ説得するマイクもむなしく疑われたので殺された息子の復習の為に2人の刑事をマイクは殺した。

ケトルマン一家はHMMの弁護士キムから有罪は免れないと言われ、ソウルに弁護を依頼。ソウルはマイクと協力してケトルマン一家からお金を盗んで取引に応じるようにとケトルマン一家を諭す。

ソウルはお年寄りの問題に取り組む中で、サンドペーパーという会社がお年寄り向けの詐欺をしているという証拠を掴む。

サンドペーパーの弁護士はチャックとソウルだけじゃこなせない量の仕事をふっかけてくる。二人ではとても無理だという事でHMMに仕事を託すが、ハワードはソウルの雇用を認めない。

大激怒したソウル。なぜ?他の弁護士ならパートナーにしてもいいくらいの功績だ。

真相はチャックが根回しをして、偽物であるソウルを受け入れたくない為にハワードに頼んでいたのだ。ソウルはその事を知りチャックと言い争いになり決裂。

ソウルは地元に戻り悪友のマルコと1週間詐欺を繰り返す。最後の詐欺の中でマルコが心臓発作を起こして死んでしまう。

ソウルに大手弁護士事務所からオファーがあるが、マルコの死、ケトルマンの家から盗んだ時の150万ドル、実の兄からmなどの出来事から悪の道に進んだ所でシーズン1は終了です。

感想

最初はハラハラドキドキという感じでは無かったのですが、途中から中毒性が増して来て、気付きくとベターコールソウルの世界観に引きこまれていきました。

ブレイキング・バッドを観たのはかなり前なので記憶も曖昧ですが、それでもかなり楽しめました。

IMG_0057_061516_034448_PM

海外ドラマベター・コール・ソウルはU-NEXTで視聴しました。画質も綺麗なのでおすすめです。

※情報は記事執筆時のものになります。配信内容が変わる可能性があるので最新の詳細は公式ページでご確認下さい。