【映画】アーロと少年を見た感想・ネタバレ

1458031588853

映画館でアーロと少年を見ました。アーロと少年はディズニーピクサーなので、万人向けの安定した作品でした。ストーリーは『もし地球に隕石がぶつからず、恐竜が絶滅しなかったら?』という設定で、恐竜に焦点が当てられてはいるのですが、基本的にそこを深掘りする内容では無くライトな感じで少年と出会い苦難を乗り越えてエンディングを迎えるという感じです。

見た感想としてはライオンキング的な成長物語的な印象を受けました。実際にライオンキングっぽいようなシーンもちらほらありました。後は、スポットは凄い可愛かったですね。ちょこちょこ動きまわったりアーロと仲良くなったり、恐竜と人間が親友になっていくのは見ていて微笑ましかったです。

結構笑える箇所があって、会場に来ていたお客さんも笑ったりしていました。隣にいたおじいさんもクスクス笑っていたので性差年齢関係なく楽しめる作品ではあると思います。もちろんうがった見方をしてストーリーを細部まで粗を探して見たりすると気になる箇所はあるのですが、ご家族で見たり、1人で見ても家族の事を想いながら見るとジーンとくるものがあると思います。

少年ことスポックが親友になる存在なのでエンディングソングはKiroroの『Best Friend』もタイトル通りですね。15年振りの新録音源となっています。

映像美が素晴らしい

1458031588853 (1)

とにかく凄いなーと見入ってしまったのが映像美です。キャラクターも凄いのですが、大自然の風景が実写とアニメのギリギリを行く感じで、実写にしてしまうと違うと思いますが、アニメでここまで再現するのかーと感嘆してしまいました。

家族愛を感じられる作品

ネタバレもちょこっとだけ書いておきます。基本的には予告動画を見ればなんとなくの内容は分かると思うので参考動画を載せておきます。

アーロはパパとママと兄弟のバック、それからリビーの5人家族です。生まれた時は一番大きな卵から生まれたのですが、蓋を開けてみると一番小さくて臆病な恐竜でした。

そんな時にアーロはパパに貯蔵庫が荒らされているのでそれを捕まえろーと言われて捕まえたのですが、それが少年のスポックでした。アーロはスポックを殺す事が出来ずにそれがパパにバレてしまいます。パパはアーロをしつけの一貫で臆病なアーロを強くしようとスポックを捕まえにいくぞと山を登ったのですが、途中でアーロが足をくじいてしまい帰宅する事に。

途中で嵐が来てしまい、土砂にパパは流されて死んでしまいます。その後、また現れたスポットを追いかけるアーロ。パパはスポットのせいで死んでしまったという怒りもあります。

しかし、同じように流されて家から遠くにきてしまいます。そのピンチからアーロが食べ物を持ってきてくれたりする事で仲が深まり、最終的にはアーロがパパが死んだ責任をスポットのせいにしてたと反省しています。

苦難を乗り越えて家にたどり着く頃にはアーロも臆病では無く、スポットのピンチを助けたりするまでに成長するというストーリーです。

見た後には非常にほっこりする作品です。

U-NEXTでアーロと少年が配信開始されました!※情報は記事執筆時のものになります。配信内容が変わる可能性があるので最新の詳細は公式ページでご確認下さい。

Pocket