【映画】ブリッジ・オブ・スパイを見た感想

81lBgHb1XLL._SL1378_

スティーヴン・スピルバーグ監督作品、主演はトム・ハンクス、脚本がコーエン兄弟の豪華な映画のブリッジ・オブ・スパイを見ました。

時代設定は1950年~1960年の冷戦時代、ピリピリとした緊迫感のある重厚な難しい映画かと思ってみたのですが、蓋を開けてみるとシンプルなストーリーで構えずに見れる映画でした。

あらすじ

保険の弁護士のドノヴァン(トム・ハンクス)がソ連のスパイを弁護する中で、アメリカ国民から向けられる白い目に信念を持って立ち向かい、その中でソ連のスパイのルドルフ・アベル(マーク・ライランス)との友情が芽生える。

一方その頃アメリカの兵士がソ連に捕まり、アメリカ政府はドノヴァンにソ連のスパイとアメリカ兵士の交換を依頼。ドノヴァンは交換の地、東ドイツのベルリンへ。

なぜドノヴァンはソ連の弁護を引き受けるのか、ドノヴァンは無事に生きて帰れるのかというのが見所かと思います。

印象に残ったシーン

印象に残ったシーンはアメリカ兵の兵士が乗った飛行機が撃墜されたシーンで、ピキピキとひびが入っていく音がリアルで搭乗している兵士の緊張感が伝わってきて手にじんわりと汗がにじみました。

後は東ドイツのベルリンがスパイ同士の交換場所だったのですが、そこまで焦点が当てられているという訳でも無いのですが、壁は凄く印象があります。シーンとしては短いですが、記憶に残りました。

後は最後のラストのシーンはじんわりと来ます。あー観てよかったと思える映画だったと最後に安堵しました。

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」オリラジあっちゃんが教える真実の武勇伝

IMG_0047_041016_052940_PM

ブリッジ・オブ・スパイはU-NEXTで視聴しました。画質も綺麗なのでおすすめです。

※情報は記事執筆時のものになります。配信内容が変わる可能性があるので最新の詳細は公式ページでご確認下さい。

Pocket